1. >
  2. >
  3. 首都大学東京
master      -

首都大学東京

都立の4大学が再編・統合されて誕生した大学

「首都大学東京」は、2005年4月に開校された都立大学です。
もともと都立大学には「東京都立大学」「東京都立科学技術大学」「東京都立保健科学大学」「東京都立短期大学」の4つがあったのですが、これらを統合して新たに誕生したのが「首都大学東京」です。

ただしこの4大学が統合されるまでにも長い歴史があり、過去には複数の都立高校や大学が何度も再編されながら学校の形が作られてきたので、特に再編や統合は珍しいことではありません。

この大学については現在も様々な意見があるところで、都民以外の人にはあまり耳に入って来ないニュースですが再編にあたっての経緯については一悶着があったようです。

そもとそもとして「首都大学東京」という名称は大学の名前としてどうかという意見があります。
大学受験をする高校生にしてみれば、模擬試験などで志望大学を書く時に「首都大学東京」と書くと自動的に後ろに「大学」が付くので「首都大学東京大学」というおかしなことになってしまいます。

「首都大学東京」という名称を考えたのは石原慎太郎元都知事だそうで、現在も強引な決め方に批判的な意見を言う人もいます。

ちなみに小池都知事は都民ファーストの会の公約として「首都大学東京の名称変更」を載せているあたり、都民の間にも全く受け入れられていなかったということがうかがえます。

大学名を決めるときのアンケート調査でも「東京都立大学」が64%もの得票数を獲得していたのに、それを独断で「首都大学東京」にしたのが石原慎太郎です。

全く関係ないですが、石原慎太郎が知事時代につけたおかしな名称として「新銀行東京」「大江戸線」「首都大学東京」がワースト3に挙げられています。

偏差値はマーチ並の難易度

名称のまずさについて意見を述べてしまいましたが、これは入学する学生に明らかに影響があるからです。
都立大学を4校統合した「首都大学東京」は、都民にとっては授業料も安く大変便利な大学です。

実際大学偏差値ということでみてみると、MARCHと同等かそれよりもやや上といったかなり難易度の高い位置づけになっています。

にもかかわらず都民以外にほとんど知名度がないのは、大学名称があまりにもダサいからであるということが関係しているようです。

そのためせっかく高い教育を受けて卒業をした学生も、就職活動で大学名を名乗ったときに担当者から「?」という反応をされることが多くなってしまっています。

特に都市教養学部は非常に高度な講義を受けることができる全国的にもトップレベルの大学ですので、できるだけ早くに「首都大学東京」という名称は変更をしてもらいたいところです。

===================
関東のお店や施設に関する情報を発信する情報サイトです。
グルメやファッション、ビジネス等の様々なシーン毎に、役立つサービスや施設を紹介致します。
===================

サイトマップこちら