1. >
  2. >
  3. 埼玉大学
master      -

埼玉大学

首都圏への交通アクセスも適した総合大学

埼玉大学はさいたま市桜区下大久保にある関東圏でもよく知られる総合大学です。
医学部はありませんが130年以上の歴史のある教育学部を中心に、文系・理系学部に数多くの学科を有しています。

最も有名なのは教育学部ということもあり、関東圏で教育関連の進路を志す学生に多く選ばれており、教職以外にも教育に携わる官公庁や民間企業に多くの人材を輩出しています。

埼玉大学に設置されている学科は「教養学部」「経済学部」「教育学部」「理学部」「工学部」の5つです。

大学の歴史としては大学という組織が発足したのは1949年(昭和24年)のことで、同年に施行された「国立学校設置法」により新制国立大学として誕生することとなりました。

埼玉大学の前身となったのは浦和高等学校で、1950年からは正式に高等学校は消滅し埼玉大学として運営をされていくことになります。
最も古くから存在していたのが教育学部で、後に経済学部や工学部といった学部が増設されていきます。

埼玉大学の前身となった浦和高等学校は、1874年(明治7年)に設立された「埼玉師範学校」から発展したものです。
当時の日本においては学制の頒布に伴い全国で教員を多数養成する必要があり、そのため学校が多く作られることとなりました。

「埼玉師範学校」は小学校の教員を養成するための「学校改正局」が設置されるなど当初よりかなり教員育成に力を入れており、その後校舎の移転や学校名の変更がありつつも継続して教員を育成するための教育がされてきたのです。

「埼玉大学」は総合大学となることで校地を浦和から現在の大久保地区に移転しており、その後長年に渡り関東圏の教員養成の基幹を担っています。

地域産業への貢献度数はトップクラス

埼玉大学は国立大学の中では都内の他の大学と比較して決して高い知名度があるというわけではありません。

ですが教育学部を始めとする教育関連の人材養成に関しては全国的に高い評価を得ており、特に「地域産業に対する貢献」ということでは全国国立大学と比較してトップクラスの評価を得ています。

そのため入学を希望する人の多くは埼玉県周辺を地元にする人となっており、卒業後も地元の教育関連施設や民間企業に就職しています。

都心部へのアクセス状況がよいというところも学生たちに高く評価をされているところで、電車を利用することで1時間以内に都心部に到着することができる環境は地方から上京する学生にとって大きな魅力になっています。

同じキャンパス内には大学院もあり、人文社会科学研究科や教育研究科、理工学研究科が設置されています。
在籍する研究者も優秀な人材が多く、産学官連携としても積極的に地域の企業と関わりを持っています。

===================
関東のお店や施設に関する情報を発信する情報サイトです。
グルメやファッション、ビジネス等の様々なシーン毎に、役立つサービスや施設を紹介致します。
===================

サイトマップこちら