1. >
  2. >
  3. 群馬県立女子大学
master      -

群馬県立女子大学

地域発展と国際化社会に対応できる人材を育てる学校

少子化が進む現在においては「男子校」「女子校」という学校も珍しい存在となってきました。
しかし「群馬県立女子大学」は昭和52年より準備をされ、昭和55年に開校をされて以来長年にわたり地元で就業をする優秀な人材を育成する機関として長く機能をしてきています。

「群馬県立女子大学」の教育方針は、広く知識を授けることにより専門の学術を研究する環境を整えるとともに、人間として調和のとれた豊かな情操と教養を身につけるということです。

設置されている学部は「文学部」と「国際コミュニケーション学部」に二つのみですが、いずれも少人数教育を重視しており、学業の修了だけでなく他者との協調能力を養うことができるようにしています。

特に「文学部」においては1年時より「基礎ゼミ」という少人数での授業を導入しておりそこで専門分野を学びながら最終的に4年次に作成する卒論の準備をしていくことができます。

大学として力を入れているのが外国語教育で、「国際コミュニケーション学部」では少人数で外国語の授業を行うことにより積極的な語学の習得ができるようになっています。

県立大学というと国立大学や都内の有名私立よりも知名度で劣ってしまいますが、独自の教育システムを整えることにより学校としての特色を維持することができていると言えます。

卒業後のキャリア支援も充実しています

現在大学生やこれから大学に入ることを考えている人にとっては、卒業後の進路は非常に気がかりです。
東京大学などの有名国立大学や、都内の有名私立大学であればネームバリューで就職活動時にアピールをしていくこともできるでしょうが、それほど知名度の高くない学校に通う学生にとっては就職活動は不安を伴うものです。

「群馬県立女子大学」ではそうした学生からの不安を取り除くために、学内にキャリア支援センターを設置しており、学生へのガイダンスや面談を通してどういった職業でキャリアを築くことができるかという提案をしてくれています。

2~3年時では学生全員と面談をして一人ひとりの就職への希望を把握するとともに、その分野でのキャリア形成のためのプランを一緒に考えていきます。

具体的な就職活動となる面接や履歴書作成といったことにもサポートを行うようにしており、集団面接やディスカッションなど近年増えつつある就職の現場に備えられます。

なお群馬県は在住外国人が多く、出身国の国籍も多種多様という非常に珍しい土地です。
そうした土地ならではの国際感覚を養うことと、在住外国人への社会貢献を兼ねて群馬県立女子大学では積極的に外国籍の人との関わりを持つような取り組みがされています。

===================
関東のお店や施設に関する情報を発信する情報サイトです。
グルメやファッション、ビジネス等の様々なシーン毎に、役立つサービスや施設を紹介致します。
===================

サイトマップこちら