1. >
  2. >
  3. 忍田塗装
master      -

忍田塗装

30年以上の操業歴を持つ塗装専門業者

「忍田塗装(おしだどそう)」は、1984年に設立された埼玉県さいたま市見沼区にある塗装専門業者です。
既に30年以上の操業歴がありますが、それまで地元を中心に活動する「頼れる街のペンキ屋」として高い評価を得てきました。

さいたま市では有名な塗装業者となっており、過去の実績も同業者とは比べ物にならないほど多く扱っています。

塗装工事の中でも住宅塗装を全般的に行なっており、外壁塗装や屋根塗装、内装塗装などそれぞれの場所に応じた専門の塗装施工をしてくれます。

基本的には手広く業務範囲を広げるのではなく地元密着型の営業をしており、さいたま市内の住宅施工を中心に行なっている企業です。

住宅における塗装は見た目をキレイにするだけでなく、ひび割れや建材の剥がれといった老朽化を防ぐために重要な役割をします。

外壁塗装をやり直すことで風雨や飛砂、ホコリや直射日光による傷から大切な住宅を守ることができます。
外壁が傷んだまま住宅を放置していると、じわじわと水分が建物内に侵食していきますので、住宅の基幹部分が腐食してしまう可能性があります。

住宅の安全性を高めるためにも、建築から10年を目安に外壁塗装のやり直しをすることが勧められます。
そのときに「忍田塗装」を選ぶことでより信頼性の高い施工をしていくことができるでしょう。

高度な塗装方法にも対応できます

操業30年を超える「忍田塗装」では、高度な塗装施工にも対応してくれます。
代表的なのが「多彩塗装」といわれる複数の塗り方を一つの建物で行うという方法です。

多彩仕上工法を用いることで、2色塗りや3色塗りができるのでベースカラーをもとにした個性的な外壁にしていけます。

複数の色にするだけでなく、凹凸のあるサイディングボードの塗り替えも可能なので、リフォームをすることで思い切った外観の変更になります。

建物全体を大規模に改築するのはかなりの費用や時間がかかりますが、外壁塗装だけなら手軽に行うことができるというメリットがあります。

外壁だけでなく屋根塗装も「忍田塗装」の業務の一つとなっています。
屋根は住宅で最も多くの直射日光を受けるのでそれだけ傷みも激しくなります。

古い住宅になると雨漏りなど屋根に損壊が見られるようになりますが、木造住宅においてはそれはかなり致命的なダメージとなってしまいます。

そのため古い木造住宅の耐久度を高めるために屋根の再塗装は必須のメンテナンスとなってきます。
最新の塗装技術を用いることで飛躍的に建物を強くしていくことができますので、古い住宅や倉庫を持っている人は相談をしてみてください。

アパートやビルを所有している人にとっては、外壁の印象は入居者を募る重要な要素となるで、早めの塗装をおすすめします。

===================
関東のお店や施設に関する情報を発信する情報サイトです。
グルメやファッション、ビジネス等の様々なシーン毎に、役立つサービスや施設を紹介致します。
===================

サイトマップこちら