1. >
  2. >
  3. 神奈川のハローワークの特徴
master      -

神奈川のハローワークの特徴

有効求人倍率は意外に低めの神奈川県

神奈川県といえば関東第二の都市である横浜を有する県です。
横浜市や川崎市といった東京都市部からのアクセス状況のよい都市部では求人数も多く、毎年のようにビジネスビルや大型商業施設が建築されています。

しかし神奈川県全域を見ると決して求人状況は活発というわけではなく、厚生労働省による有効求人倍率統計では神奈川県は1.16倍と全国第44位となっています。

全国平均の求人倍率は1.46倍であるということから比較すると、かなり就労希望者にとっては苦しい状況となっていると言えます。

一方で横浜市の消費者物価指数は106.0と全国都市部トップとなっており、県内にも大きな格差があるということが伺えます。

神奈川県内で最も求人数が多いのはやはり大都市である横浜で、県内でも最も多くのハローワークや就労支援施設が設置されています。

参考>>神奈川県内の若者就労支援相談窓口

特に若い世代への就労支援には力を入れているところであり、「地域若者サポートステーション」および「かながわ若者就職支援センター(ジョブカフェ)」といったところが挙げられます。

特に「地域若者サポートステーション」は厚生労働省と地方自治体が協働して活動をしている支援で、ニートとして就職が困難になってしまっている若者に対して包括的な支援活動を行なっています。

その主導的役割をしているのがNPO法人である「地域若者サポートステーション(通称:サポステ)」で、就業支援のための相談を受付けつつ、就業体験を斡旋するなど幅広く活動をしています。

就職支援のための幅広い活動をしています

神奈川県内にあるハローワークは全部で14ヶ所あります。
このうち横浜市には3ヶ所、川崎市には2ヶ所設置されており、その他にも外部関連施設が複数存在しています。

戸塚市や横須賀市など人口の多い都市を中有心に全域に設置されているので、神奈川県内全ての人が利用しやすい環境となっています。

中でも若者への就労支援施設は複数の施設と参加プログラムがあり、どういった就労を目指しているかによって使い分けをしていくことができます。

特徴的なものとして「かながわ若者就職支援センター」による「グループワーク等の支援プログラム」があります。

こちらは「グループワーク」という同じ目的を持った同年代の若者が一同に集まり、意見交換をしながら適した職業を探していくことができるというものです。

グループワークでの話し合いにはプロのキャリアカウンセラーがつきますので、就労についてのアドバイスをしたり、具体的な就職活動に必要になる「面接対策」や「職業訓練説明会」といったことも支援してもらえます。

===================
関東のお店や施設に関する情報を発信する情報サイトです。
グルメやファッション、ビジネス等の様々なシーン毎に、役立つサービスや施設を紹介致します。
===================

サイトマップこちら